チャン・オクチョン ~韓国ドラマ感想

※画像お借りしています

朝鮮王朝三大悪女 張禧嬪(チャン・ヒビン)の物語。

お気に入り度・・・★★★☆☆

以下、ネタバリありの感想。




韓ドラ初心者なのでチャン・ヒビンが描かれているドラマは初めて。
通常、歴史通り描かれていることが多いらしいが、このドラマは悪女というより、ただ王を愛した女性として描かれている。でも、王宮には権力、陰謀、嫉妬などが渦巻いていて・・(;_; 
オクチョンの最期も史実通り、なのかな?!
王も一途にオクチョンを想っていたところが救い。
王を演じたユ・アインさん、素敵でした🎵