雲が描いた月明り ~韓国ドラマ感想

※画像お借りしています


私の運命の作品。
この作品をきっかけにすっかり韓ドラファンになり
ヲタ活が始まりました(≧▽≦)

「キャリアを引く女」の後に放送されたのですが、予告を見た限りでは、主人公の男の子のルックスがイマイチだし、韓国の時代劇の衣装にも慣れないし、視聴を迷いました。とりあえず視聴を始めた自分を褒めてやりたいです(笑)

公式サイトはこちら

お気に入り度・・・★★★★★

以下、ネタバレありの感想。




予告で「主人公のルックスがイマイチ」なんて、よく思ったもんだ。
もぅぅぅ、パク・ボゴム君、最高にかっこいい💕💕💕
ツンデレ世子なんだけど、そのツンデレぶり、表情、眼差し、声、動作・・・
うおぉぉぉ、完璧✨ 
ヒロインのユジョンちゃんも可愛い~💕
前半の2人の掛け合いは面白くて娘もゲラゲラ笑ってたな。
キュンキュンシーンにも参ったよ。世子の告白シーンは何度も観てニヤついたね🤣
表情うますぎだよ、ボゴム君。
他の俳優陣も素晴らしかったよ~(T T)
ただね、後半は暗い。悲しい。涙涙(´;ω;`)
前半のコメディ要素が一切なくなり、笑顔が少なくなり・・。
まさかユンソンを殺すなんて~~( ノД`)シクシク…
好きなドラマなので何度も観たいけど、後半はあまり見返したくないなぁ。
でもハッピーエンドだけどね! コスモス畑のラストは本当に美しかった。
それは救いだったかな。

このドラマの視聴後、ボゴム君のファンクラブに入り、
タイミング良く開催された幕張でのファンミーティングに娘と参加。
ボゴム君の好きなBTSを聴きKpopにハマり、WannaOneに魂を持っていかれるという流れになりました(笑)